つくばで出産!助成金情報まとめました☆

最近風邪が流行っているみたいですが、皆さんは大丈夫でしょうか??
私は風邪対策に、机の上にばっちり加湿器を置いています雪


さて今日は、つくばに暮らす女性として、個人的にもすごく気になる話題...

「つくばで子供を産むには、大体どれくらい費用がかかって、そのうち助成金でどれだけカバーされるのか??」
について、まとめてご説明したいと思いますグッド


【出産にかかる費用】

まず、出産にかかる費用には、以下の2種類があります。
--------------------------------------------
①妊娠中に定期的に健診を受けるための妊婦健診費用

②実際に子供を産むときの入院・分娩費用
--------------------------------------------

妊婦健診費用は、1回5,000円程度の健診を、妊娠期間中に約14回行うため、最低でも約7万円はかかり、更に初診料や各種検査料が上乗せされます。

入院・分娩費用は、茨城県で平均44万2,938円です。


ちなみに、妊婦健診や分娩にかかるお金には、原則として健康保険が適用されません。
なぜなら、健康保険は病気の治療をする場合に適用されるものであり、妊娠、出産は「病気」とは扱われないからです。

「...ってことは、合計で50万円以上も出産にかかってしまうの??!」

と驚いてしまいますが、様々な助成金でしっかりカバーされるのでご安心をにこにこ


【助成金情報】

①妊婦健診費用の助成について

母子手帳と一緒に市から交付される「妊婦一般健康診査受診票」により、妊娠中に最大で14回茨城県内の医療機関及び助産所で健康診査にかかる費用の一部助成を受けることができます。

ちなみに、茨城県外の医療機関で健診をした場合でも、市に「県外妊婦一般健康診査受診申請書」を提出すれば、助成金を受け取ることができます!


②入院・分娩費用の助成について

手元に現金がなくても安心して出産できるよう、医療保険制度(健康保険や国民健康保険など)に加入もしくは扶養になっている方が病院等で出産した場合、保険事務を行う市町村から直接病院等に対して出産一時金(42万円)が支払われます。

なので、実際に自分で負担しなければならない分娩費用は、【実際にかかった分娩費用から42万円を引いた額】のみでOK!

( ※「産科医療補償制度」に加入している病院などで分娩した等の場合に限ります。
それ以外の場合は、金額が39万円となります。)

というわけで、助成制度をしっかり利用すれば、実際に出産にかかる費用はそこまで高くないようなので安心しましたキラキラ


カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する