ウェルネスパーク、700円でプール・ジム・温浴施設を堪能♪

皆さん、つくばウェルネスパークを利用したことはありますか??(施設の詳細情報はこちら

入館料700円で、プール・ジム・温浴施設を存分に楽しむことができますよ笑

特に、プールの横にあるジャグジーと、温浴施設の露天風呂が本当に気持ち良いですグッド

まだ行ったことがない方、だまされたと思って(?)、ぜひ一度利用してみてくださいにこにこ

pool.jpgtraining.jpgbath.jpg

※画像元:つくばウェルネスパークの公式HP

母乳のトラブルはどこへ相談?

母乳のトラブルがあったときに相談できる場所を三か所まとめました☆

■助産院 ら・くな

bo1.jpg

産後間もないころ、乳腺炎になり、お世話になりました。
電話して、すぐに対応していただました。
乳腺炎のケアもそうですが、産後で気が張っているときに、先生とお話しすることで気持ちがリラックスできたのがうれしかったです。

産前はもちろんですが、産後のパパママのための教室も充実しています。

また、トコちゃんベルトの装着相談もしています。
(トコちゃんベルトは、産前・産後の骨盤を安定させるベルト。かなりお世話になりました。)

【所在地】つくば市松代4-10-12
【TEL】029-856-6658
【リンク】http://www.maroon.dti.ne.jp/lacuna/
詳細はこちら

■ベビーヘルシー美蕾

bo2.jpg

実家で新生児訪問に来てくださった助産師さんに紹介していただいたのがつくばみらい市にあるベビーヘルシー美蕾です。

非常に経験を積まれた感がある先生は、小柄ですがどっしりとしていて、先生の言葉は妙に納得させられます。

私の場合、出産後から乳腺炎になったり、母乳の出が悪かったり、といろいろトラブルもあり、混合にするか母乳にするかを悩んでいたのですが、先生に「あなたはブロイラーを育てたいの?」と言われ、「あ~、このまま母乳で育ててもいいんだ。」と自分の中で納得できました。先生は、そう言いながらもミルクを与える場合の与え方なども教えてくれたので、ミルクを与える場合もずいぶん抵抗がなくなり、バランスをとって離乳まで母乳育児ができました。

2人目、3人目を完全母乳で育てることができたのも、この言葉があって、精神的にずいぶん楽になったからかもしれません。

■めぐみ母乳相談室

bo3.jpg

初めての出産後、1ヶ月ほどで乳腺炎になってしまったときにお願いしました。電話してその日中に助産師さんが自宅まで来てくださったので、赤ちゃんにも自分にも移動の負担がなく助かりました。その時に添え乳のやり方を教えてくれて、そこからグッと授乳が楽になった記憶があります。1回4000円ほどで、2回お願いしました。乳腺炎でなくても、出産して退院後の不安な時期、母乳のことで痛いとか出が悪いとか、いろいろ相談できて気持ちも楽になれると思います。

〒305-0836  茨城県つくば市山中480-25  090-3246-3488

【健康について】マンモグラフィで早期発見

001.png

つくば市の40歳以上の乳がんマンモグラフィ検査対象者が変わるそうです。
24年度から当該年度の健診年齢が偶数年齢の方(但し乳がん無料ク-ポン券対象者の奇数年齢は除く)。
《特例》  
平成24年度だけは,奇数年齢でも前年度にMMGを受診していなければ受診できます。 25年度からは,完全偶数年齢となります。

ということです。

私は以前、集団検診で初めてマンモグラフィーを受けて、石灰化が見つかり、それ以来毎年検査に行っています。
乳がんは唯一自己診断できるそうですし、早期発見すれば治癒する確率も高いそうです。

メディカルセンターでは、女性専用のレディースフロアでマンモグラフィの検査をやってくれます。
小さい子連れでも、検査中は看護師さんが子供を見ていてくれたので、安心して検査できます。
(技師の方ももちろん女性です)

授乳中は乳腺が発達しているためあまり正確に診断できないそうですが、私は断乳後1か月の時の検診を受けました。
断乳しているとは言っても、挟まれると母乳はかなり出て、申し訳ない気持ちでしたが、技師さんは慣れているのかそれほど気にされていない感じでした。

妊娠期間中は、お得に治療するチャンス!(つくばマル福)

皆さん、妊娠期間中は、病院の治療代がとってもお得になるってご存知ですか?

医療福祉費支給制度(マル福)という制度を使えば、
妊娠届出をした月の初日から出産日翌月末日までは、「医師が妊娠の継続又は安全な出産のため、治療が必要と認めた疾病又は負傷」の治療については、医療費助成が受けられるんです!

mama3.jpg

具体的には、月に1医療機関ごとに600円の自己負担(月2回を限度、3回目から無料)のみで病院にかかることができます。(※調剤薬局は除く)


歯科・皮膚科・眼科など、気になってはいたけれどなかなか治療に踏み切れなかった所を、妊娠を機にばっちり治して、元気に赤ちゃんを迎えられるといいですねキラキラ

※ここ数年、マル福制度は厳しく運用されるようになり、現在では妊娠・出産に直接関わるような治療費のみの助成に限定されているようです。誤解を招く情報を流してしまい、大変申し訳ございませんでした。


【マル福についてのお問い合わせ先】
つくば市 国保年金課 医療福祉係
029-836-1111


つくば地域の家計のやりくりは、「つくばちゃんねる」におまかせあれ晴れ


カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する